« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

東京マラソン2009

今回も抽選に漏れ、出走することはできませんでした…
けど、家でおとなしくTV観戦なんかもしてられず、沿道まで応援にでかけました。

昨年は、出走したマラソン仲間の応援のためだったけど、今年はそれもなし。
でも、3万人超の市民ランナーを誰彼となく応援するのも悪くないです。
ということを、昨年の応援で体験しました。

それとちょっと有名人達の走りも気になりますんで、それを少し楽しみにしながらの観戦です。

朝9時頃、西新橋近くの11km地点。
0903221

通りの向こうには、折返しの20km地点。
0903222

この頃はまだひっそりと静まり返ったマラソンコース。
沿道にはぞくぞくと応援の人々が集まりまじめました。

9時10分のスタート後、30分余りしてトップランナー&エリートランナー達が通過。
それを追うように市民ランナー達が大挙して押し寄せてきました。
0903223

この気持ち良さそうなランナー達を見ていると、やっぱり羨ましくなっちゃぅよなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリベの縁で交響曲

ひょんなことで、ホリベの常連さんクラシックコンサートの招待券をいただいた。
0903151_2

読売日本交響楽団の定期演奏会。
これ、第480回っていぅんだから、すごいもんだ。
0903152

クラシックは、日頃まったく耳にしません。
ゆえ、クラシックコンサートに足を運ぶことも、今回が生まれて初めて。
しかも、由緒正しき(!?)サントリーホールときたもんだから、興味がふつふつ。
ひとつ楽しみに出かけてみようという魂胆です。

初のクラシックコンサートが、由緒正しき「読売日響」&「サントリーホール」、
そして、「ベートーヴェン」と三拍子そろえば、まったく申し分なし。
しかし、「荘厳ミサ曲」とは、どんなんだろ?
ミサ曲といったら、教会で歌われる賛美歌とか、そんなイメージしかありません。
それが交響曲になっているとは、いったい…???
そんな謎(!?)も、楽しみのひとつですね。

しかしなぁ、ひとしきり会場やオーケストラの雰囲気を満喫したら曲中に爆睡…なんてこともあり得るよなぁ~
くれぐれも周り等々に失礼のないようにしなくちゃだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シッポがピコっ

ご無沙汰の慎之介ですが、相変わらず変なカッコで寝ています。
0903081

のびーっとしながら、シッポの先っぽがなぜかピコっ
0903082

なんでかな? ネコレーダーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハード・ハイキング4~おまけ編~

このハイキングコースの途中、珍しいところがありました。

ひとつは、小仏城山の近くだったと思うけど、明治天皇がかつて野点(休憩だったかな!?)をされたという場所。
『小仏峠御小休所跡』というらしい。
まぁ、ここは、見た目にはなんてことのない処でしたけど…なんて云ったらバチが当たるかな?
※画像、撮り損ねました…残念。

ふたつめは、皇太子さまが立ち寄られたという一丁平。
なんとココには、水洗トイレ(公衆トイレ)があるんです。
それがこれの小屋。
0903041

山の中に水洗トイレですよ。
街中じゃぁ当たり前だけど、山の中となると違和感ありますよね。

しかも、これ見てください。
0903042

手洗いの蛇口にいたってはセンサ付き…自動洗浄です。
山の中でこれはないよなぁ~

いやはや、さすが皇太子さまお立ち寄りの公衆トイレですな。

ま、いまは一般登山者(ハイカー)が御利益を得てるので、なんにもケチつけるところはありませんです。はぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハード・ハイキング3~高尾編~

もう一息で高尾山頂、というところで最後の試練。
ここまでもぅ十分歩いたのに、この階段。
0903011

はぃはぃ、登ればいぃんでしょ、登ればね。
でも、登った甲斐がありましたよ。実に景色がいい。
ハズだった…
残念ながら、日差し(西日)のせいで山々が見渡せなかった。
0903012

かたや都心の方を見渡せば、こんな景色が見渡せるんですと。
遠く東京湾アクアラインや横浜ベイブリッジまで…
0903013

が、この日のこの時は、ちょっとガスってて、こんな感じに。
0903014
ま、しょうがないですね。
この日の行いは悪くなかったハズなのにな。

なんでも、ここ、「十三州大見晴台」と云うんですと。
十三州というのは、これ。
(クリックするとちょっと拡大)
0903015_2

ホントにこれだけ一望できたら気持ちいぃだろうなぁ。
今のご時世じゃ、よほど運がよくないと見れないかな。
昔なら、空気が澄んでて、いつでも見渡せてたんじゃないだろうか。

最後に、このハイキングの道程図。
(クリックするとちょっと拡大)
0903016_2

左端の陣馬山を登頂し、堂所山・景信山・小仏城山を経て、高尾山登頂、そして右端の高尾山口駅まで下山。
0903017

最後もケーブル使わずに、ずーっと歩きましたよ。
左下の相模湖の大きさから推測してもらえれば、どれほどの道程かが想像できますかね?

翌日曜日から月曜日まで、ふくらはぎとかパンパンでしたよ。
ま、心地よい筋肉痛だったからOKですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »