« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

遊びのサインがでたら

0904261
ゴミ箱の陰に身を潜めると、それは遊びを催促するサイン。

0904262
そんなときは、ひもの先についたネズミのぬいぐるみを放ってやる。

0904263 0904264
ひとしきりそれで遊びまくって、

0904265
ひといきついたら、

0904266
遠くを見つめて、ぼぉ~とね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本国際親善マラソン

きょうは久々のハーフマラソン。
ハーフ以上の距離を走るのは、去年のホノルル以来かな。

会場の最寄駅を降りるとなぜか大行列…
0904191

ここは相模原駅。会場はというと、米軍キャンプ。
入場するためのセキュリティチェックに時間がかかってるんですね。
0904192

カバンを開けて、なかを調べられました。

無事入場して会場に到着すると、大勢のランナー&応援団。
どこにでもある市民マラソン大会と同じ景色。
0904193

いやぁ、しかし、きょうは暑かった。
行楽には最高の天気だったかもしれないけど、マラソンには暑すぎた。
でもって、カラダのコンディションも↓↓
お陰でメチャしんどかった。。

コースもイマイチ。
だだっ広いキャンプの敷地内の周回コースをぐるぐる回るだけで何とも味気ない。
0904194

途中、砂利道があったりして、砂ぼこりや土ぼこり。
給水の水は、水道水そのままで、味ものど越しイマイチ。
来年以降、また参加しようといぅ気には、残念ながら…

米軍キャンプ内とはいっても、あまりアメリカチックなところは見せてもらえなかった。
唯一、なるほどと思ったのは、キャンプ内のとりとめのないような通りにも、名前がついていたことかな。
0904195

名前自体は、「A AVE」や「4TH ST」だったりで、なんとも味気なかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒グラスの贈り先

今回セレクトした黒グラスは、鼓状のショットグラス。
カガミクリスタルでは「モルトグラス」としてラインナップされているシロモノです。

0904151_2

コースターには「Bar Horibe」の文字。
そぅ、贈った先は、バーホリベのホリベさん。
御年61歳のお誕生日の記念に、ささやかながらプレゼントさせていただきました。

と云いつつ、自分でも使ってみたいといぅ本音も半分。
なもんですから、2客セットでプレゼント。
1つはホリベさんご使用、もう1つは自ら使用。
この誕生日当日も、そぅしてカンパイさせてもらいました。
ま、そもそもショットグラスを1客だけプレゼントなんて、ちょとサマにならない感じだから、2客セットは当然といえば当然…かな!?

0904152_2

この黒グラスって、バーホリベのライティングにホントよく似合うんだよなー
今後、ホリベに行くたびにこのグラスで美味いスコッチが呑めると思うと、ホリベに向かう楽しみがさらに広がったというもんだね。
その日の気分で酒を替え、グラスも替えられるなんて、ほんのささやかな贅沢だけどね。。

Happy Birthday HORIBE-san !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気に入りグラス

最近ちょっと気に入ったグラスがありまして、きょうはその銀座ショップに行ってきました。
0904111

皇室御用達の『カガミクリスタル』。
ここの黒グラスがいぃ感じで、人に贈ったりしています。
0904112

きょうも贈りモノを調達しに銀座ショップまで。
最初は新宿のタカシマヤで見かけて、そこで購入したんだけど、今回はそこにお目当てのグラスが置いてなかったので、銀座の直営店まで足を運んだというわけ。

そこの気さくな店員さんと話をしているうちに、店内の写真を撮ってもOKとの許可を頂きました。
なんときょうは、ホントにたまたまデジカメを持ち歩いててラッキー!
もしかして『カガミクリスタル』とは、ただならぬ縁があるのかも…?

黒グラス以外にも、赤・青・緑のカラフルなグラスが所狭しと飾られておりました。
0904113

なかでもこの緑グラスには目を奪われましたねー
0904114

鮮やかで涼しげな、いかにもこれからの季節に似合いそうな緑のグラス。
竹をイメージしたラインナップなわけですね。

今回は、予約しておいた黒グラスのひとつを予定通り購入して帰ったんだけれども、つぎは緑グラスにしてみよっかなぁ~

ちなみに、店内の撮影ですけど、皇室用、迎賓館用、首相官邸用(だったかな!?)のグラス類を飾っている棚だけは撮影しないでね、と念を押されました。
ブログなんかに掲載した後、どこぞのだれかに悪用されたりしたらマズイので、というのがその理由。
なるほど、「皇室御用達」を掲げるお店として、そぅいうことにちゃんと配慮されているわけですな。
さすがだなぁー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえばサントリーホール

行ってきました。
0904081

思っていたよりも小さなホール。
でも、カーテンとか仕切りの類が何もなく、ステージと客席、主客一体の心地よさがありました。
ステージの向こうには、コーラスの人たちが立ち並ぶひな壇があり、その奥にはパイプオルガンも備え付けられていました。
ロック、ポップス、etc.のステージやホールとはまったく違う感覚で新鮮だった。

残念ながら知っている曲はひとつも演奏されず、ちょっとコクコク・うとうと舟を漕ぎそうな場面もあったけど、それなりに楽しかった。

最後にステージへ送られた拍手の嵐は、5分余りも鳴り止まなかったような気がする。
これがクラシックの礼儀なのだろうか?
はじめはアンコールでもあるのかと思ったけど、結局拍手だけで、ちょっと拍子抜けだったりもして。

そこで面白かったのは演奏者たちの拍手(!?)。
指揮者やソリスト達(ソプラノ・アルト・テノール・バスの4名)に敬意を表して、弦の背でイスを叩いたり、脚で床を踏みつけたり。
楽器を持ってると素手で拍手をするわけにいかないみたいですね。
自分的には、ちょっとしたトリビア(死語?)でした。

たまにはクラシックもいぃかなと思ったけど、せっかく次は、知っている曲を演奏してもらいたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎週欠かさず

見入る番組「ダーウィンが来た!」(NHK)
動物モノには目がない慎之介です。
0904056

今週はキリンのお話。
意外な食いつきようだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一心不乱に

090405109040520904053
なぜか爪とぎを舐めまくる慎之介。
まるでマタタビでも仕込んであるかのようだけど、もちろん、そんなことありません。

0904054
ひとしきり舐めまくった後、ちょっと放心状態(!?)かと思ったら…

0904055
「あぁ~うまかった」ペロリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »