フルマラソンだいじょぶかな?

このところ何かと忙しくて、まともにラントレできていない。

でも、とうとう届いてしまった。
「かすみがうらマラソン」のナンバーカード。

1004081

もともとこの大会は、ラントレの一つのつもりなので、記録をねらってるわけじゃないけど、完走だいじょぶかなぁ~
ちょっと心配だ。

平均ペース=7分/kmくらいで、5時間で “完走” できるといぃんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newシューズ

そういえば、この前の田子の浦マラソンで、新しいシューズをレースデビューさせた。

1003251

今度はアシックスの白地に青。
インソールは、もちろん、アスリートクラブでオーダーメイドしている。

が、今度のインソールは、いまひとつ馴染んでいなかった。
ラントレでは、15kmくらい走ると、膝にやや痛みを感じてた。
履き心地も、なんだかいまひとつ。

そんな心配要素を抱きつつ、今回の20kmレースで履いてみたんだけど、結果的には、まるで心配には及ばなかった。
暴風マラソンのせいで、シューズがどぅのこぅの気にしてる場合じゃなかったせいもあるかもしれないけど、とりあえず何事もなかった。

となると、来月のフルマラソン(かすみがうらマラソン)で使っても、とりあえず大丈夫かな。

ちなみに、これまで3年間愛用していたシューズは、サッカニーの赤!

1003252

このシューズは、第1回の東京マラソンでレースデビューさせた印象深いシューズ。
ホノルルマラソンでも4回使っている。

でも、このサイズはもぅ生産されていないとかで、今回は仕方なく別タイプのシューズにせざるを得なかった。
生産中止かぁ…残念。すごく気に入ってたのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン大会の参加賞

マラソン大会の参加賞は、普通は大会のロゴ入りTシャツ。次に多いのがタオルかな。
他にも、手袋をいただける大会などもあるけど、田子の浦は、帽子(マラソンキャップ)でした。

1003231

せっかくだし、他では使わないだろうなぁ…と思ったので、さっそくこの大会で使用させていただきました。
といっても、暴風マラソンでしたから、追い風のときはかぶって走ったけど、向かい風のときには手にもって走りました。

まぁ、見た目、そんなに悪くないんで、もしかするとトレーニングのときとかこっそり使うかもしれないな。

今回の参加賞はこれだけじゃ終わらず、こんなモノをもらいました。

1003232

丸富製紙のトイレットペーパーと保湿ティッシュ。実用的だし、軽いし、遠征ランナーにとっては実にうれしい参加賞。
丸富製紙って聞きなれないけど、全国区ですかねぇ???

なんでこんな参加賞がいただけたかというと、もちろん丸富製紙さんが協賛してるからということもあるけど、田子の浦を含む富士市一帯が紙の街だからだそうです。
丸富製紙さん以外にも、多くの製紙工場(製紙会社)がこの一帯に拠点を構えているようです。
その代表格が、丸富製紙さんなんですかねぇ。

地方のマラソン大会は、いわゆる町興しみたいで、地元の特産物、地場産業の製品なんかが参加賞でもらえることが多いんです。
これまでもらった中で一番印象的なのは、河口湖町(当時は勝山町だったと思う)でもらったキャベツ丸ごと一個。
他にも、三浦でもらった大根1本とか、越後湯沢でもらった魚沼産こしひかりとかありましたね~

あと、参加賞ではないですけど、勝沼では、会場でブドウ食べ放題とかあったなぁ。
6月には、さくらんぼマラソンに初参加予定なので、さくらんぼ食べ放題とか、ちょっと楽しみ♪
地方大会の楽しみは、そんなところにもあるんですよね。

そうそう、参加賞といえば、地元産の水(ミネラルウォーター)とか、協賛会社のスポーツドリンクとかもフツーにもらえますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田子の浦“暴風”マラソン

風速は、どれくらいの値を記録したのでしょうか?
台風並みの暴風が吹き荒れた昨日(3/21)の日曜日、静岡の田子の浦で20kmレースを走ってきました。

海岸沿いのコースのため、海からの激しい風をダイレクトに受けながら走るハメに。
その風が、また凄いのなんのって、これ↓わかります?

1003221

静止画像じゃイマイチ臨場感がないけれど、はためき方が尋常じゃないんですよ。
防波堤には、激しい波がひっきりなしに打ち寄せていました。

暴風は、黄砂を一帯にまき散らし、富士山はもとより、周囲の景色全体を灰色のカーテンの向こうに覆い隠してしまいました。

1003222

この風景、ホントは、こんな↓なんですよ。

1003223

帰る頃になってようやく黄砂が落ちつてきたら、遠くの海岸線がこんなにハッキリと見えてきた。
楽しみにしていた富士山も、ようやくその雄姿を現してくれましたよ。

1003224

肝心のレースはというと、海岸線の堤防を往復するコースを、東向きでは海を右に見て右後方から強風を受けて楽ちんラン。
けど、西向きでは、その強風を左前方からダイレクトに受けて、いまだかつてなく苦しい走りに…

1周終ったところで、本気で止めちゃおうかなと思ったくらい。一緒にいった仲間がめげずに走ってたので、なんとか思いとどまり2周完走しましたよ。

記録は、1時間59分13秒。
この最悪のコンディションの中では、上々の結果でしたね。

1003225_2

最後に富士山が見れてなかったら、悪いイメージばかりで終わってたかもしれないけど、富士山のお陰でスッキリできた。
終わり良ければすべてよしって感じですかねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄れた頃の記録証

先週末のことだけども、ホノルルマラソンの記録証がよぅやく届いた。
忘れたころ…とは云わないまでも、思い出が薄れたころの到着だ。

10030701

今回のホノルルは、格安ツアーに申し込んだので、マラソン関係のサポートはほとんどなし。
普通のツアーなら、ツアコンの人が記録証を月曜日に受け取って、年内に郵送してくれる。
が、格安ツアーでは、そのサービスがなかったので、大会事務局が時間をかけて処理してくれるのを待つしかなかった。

いざ、受け取ると、やっぱりうれしぃ~♪
記録は、ちょっと残念だけど、それがまた今後の励みにつながってる気もするから、まぁ悪くないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生穴…

じゃなくて「生アナ」、見ちゃいました。
今年日テレで白羽の矢を立てられてしまった西○アナですね。

TVでは、とてもとてもフルマラソンを走るようなタイプには見えませんけど、生で見たら余計にそんな印象でした。
細くて、顔が小さくて、華奢で持久力などなさそうな。

でも、さすがに綺麗ですね~、TVで見るより格段にキレイな感じ。
特別に贔屓にしてるわけじゃなくて、客観的にみて、フツーにみてそう思った。

コースの何か所かで遭遇できましたけど、なかでも京橋の応援ポイントでは3~4mくらいの至近距離。
33km過ぎのポイントだったので、さすがに少し疲れた表情でしたけど、あからさまには疲れた表情できないよね。
超有名女子アナのツライ宿命かな?

ちなみに、髭のひぐちくんも何度か遭遇したけど、それとはエライ違いだったな。
ひぐちくんて、ホント目立たないというか、影が薄い芸人だよねぇ。
完全に素で疲れた~って感じを見せていた。

それはいぃとして、西○アナ、ゴール直前には、さすがに笑顔を見せてくれました。

10030301

やっぱり、うれしぃよねぇ、フルマラソン完走って。
応援しているこっちもうれしくなりますよ。←これは西○アナに限らずですけど。

しっかし、超有名女子アナだけあってか、TV関係のオフィシャルな取り巻きが多いこと多いこと。

10030302

画像中のピンクのビブスを着ているのがそぅ。5人もいますよ、5人も。
SPも兼ねてる感じですかねぇ?

それにしても、仕事で初フルマラソン走らされて、しっかり完走して、それこそ脚がガクガクだったろうに、翌早朝のズームインにしっかり出演してるんだから、ホント大した女子アナだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランナーの想い(重い!?)

35000人のランナーが都心のド真ん中を走り抜けた昨日のメガマラソン大会。
ランナーそれぞれが、それぞれの想いを胸に秘めて、あるいは想いを背負って42.195kmに挑んだことでしょう。

でも、この人ほど“重い”モノを背負って走ったランナーは、他にいなかったのでは?

10030101 10030102

このカッコで42.195km完走しちゃうんだから、すごいよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン2010生応援!

東京マラソン生応援に行ってきました!

スタートからしばらくは大雨。
ランナーは、それは大変だったでしょう。
沿道の応援ですら大変な、寒くて冷たい雨でしたからねぇ。

でも、午後からはお天道様も顔を出して、ランナーを元気づけるように燦々と日差しを注いでくれました。

10022801

東京マラソン、やっぱりいぃなぁ~
うらやましぃー
また走りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラントレコース開拓

今週は病み上がり(ギックリ腰上がり)で走れないし、いぃ機会だから、皇居ラン以外のラントレコースの開拓をしてみようと思い立った。

手っ取り早く、市販のランニング・マップを2冊購入。
机上検討から始めてみた。

1002071
この編集部さんが独自に設定した5kmコースと10kmコースが全30コース、紹介されている。
コース地図が見やすくて、見てるだけでなんとなく楽しぃ。

1002072
世界選手権「銀」メダリストの市橋有里さんが監修して、全18コースが紹介されている。
コース沿いのお薦めショップなんかも紹介されてて、こちらも見て(想像して)楽しくなる。

コースとしては、どちらも魅力的なものがいろいろ紹介されているんだけど、実用的には今一つなのが多い。
今の皇居ランでは、ロッカー&シャワー施設を利用し、荷物を置いて、着替えて、走って、シャワー浴びて、着替えて帰るというスタイル。
このスタイルで走れるコースがなかなかない。

いくつか拠点をピックアップして、その拠点を中心に、本で紹介されたコースをいいとこ取りでアレンジして、独自のラントレコースを考えないとですね。
どんなコースに仕上げられるか、なんかちょっと楽しみだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の皇居ラン

昨日の土曜日も皇居ランしてきたけど、東京マラソンが近づいてきたせいか、いつも以上に混んでた気がする。
でもって、とっても走りにくかった。

見た感じ、にわかランナーが多かった気がするな。
というのも、そぅ見えるランナーたちの多くは、走りのマナーがよろしくないから。

にわかランナー達の多くは、グループでやってきて、しゃべりながら走ってる。
横に広がって、周りの状況お構いなしって感じ。
道幅が狭いところでは、すっかりふさいでしまう場合も。←これ、とても困る。

皇居観光をしている一般の人々も混じると、もぅたいへん。
観光の人たちに対しても、マナーをわきまえて走らないとねぇ…

と思ってたら、まさにそんな記事をasahi.comの記事で見つけた。
http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY201001300141.html

まぁ、わし自身も、ご迷惑をかけているランナーに一人なんだろうけどね…たぶん。
これまで以上に、気をつけましょう。。
※でも、観光客だって、横に広がって道をふさいで歩いていぃってもんじゃないですよね。

それはそれとして、これからの皇居ランをどぅするか、ちょっと考えものだな。
東京マラソンが終わるまでの辛抱ならいぃんだけど…

皇居以外のラントレコースも開拓しないといけないかもな。 ←気分転換にもいぃかもしれないしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧